«

お名前 VPS-KVM でMT4を動かしてリモートデスクトップにする

By kyojee - Last updated: 水曜日, 7月 25, 2012 - Save & Share - 11 Comments

お名前 VPS-KVM でMT4を動かしてリモートデスクトップにしてみる。

ポリシー:

では、早速行きましょう。(お名前VPS-KVM のいずれかのプランを申し込みを完了してください。)

・初回は申し込み後、標準OSでセットアップして見ましょう。出来たらそれで終わり。

・本番、行きます。OS再インストール。

OS再インストール

OS再インストール

・ブラウザfirefoxの設定 (firefox使いなら。IEなら必要ないかも)

・お名前コントロールパネルのシリアルコンソールを起動

シリアルコンソール

シリアルコンソール

- まずは、リターンしてroot ログインします。
- ここからはOS再インストールした時のパスワードで、root ユーザーで作業します。
- root でログインします。
- 以下のコマンドを順番にコピペして実行します。
- コピペの実行は、以下のコマンドをコピーした後、シリアルコンソールの上部バーの左から2つ目のアイコンをクリックします。
- せっかちな人は複数のコマンドをコピー、実行してもイケるかもです。まぁ一区切りごとくらいに実行してみましょ。
- 例(下の画像): 最初の2コマンドをコピペ、実行
- 注:firefox version 15以降では、複数行のコピペが使えなくなりました。(なんてこった・・・)

シリアルコンソールに、コピペしてコマンドを実行

シリアルコンソールに、コピペしてコマンドを実行

実行するコマンド:


export TERM=vt100
stty rows 25 columns 160

rpm –import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY*
yum -y update
yum -y install wget
yum -y install sudo

cd /tmp
wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

wget http://kyojee.dispatch-site.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/07/vncconfig
install -c vncconfig /usr/bin

yum -y groupinstall “Japanese Support” “X Window System” Desktop

yum -y install tigervnc-server
yum -y install xrdp.x86_64
yum -y install unzip.x86_64
yum -y install wine.x86_64
yum -y install subversion.x86_64
yum -y install cabextract

cd /etc/xrdp
wget http://www.mail-archive.com/xrdp-devel@lists.sourceforge.net/msg00263/km-e0010411.ini

cd /etc/sysconfig
mv iptables iptables.org
wget http://kyojee.dispatch-site.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/07/iptables
/etc/init.d/iptables restart
mv i18n i18n.org
wget http://kyojee.dispatch-site.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/07/i18n

ここ(以下2行)は手でタイプして下さい。(半角英数のみ)

cd /etc
echo "kyojee    ALL=(ALL)    ALL" >> sudoers

(↑ もちろん、kyojee のところは次に登録する自分のアカウント名です)

まぁ、ここまで15分

init 5

はい。ここでコントロールパネルの方を見てくださいねー。
グラフィカルな「ようこそ」が表示されていますよね。
ちなみに、この画面は「コンパネVNC」と呼びます。コピペしてコマンドを流した画面は、「シリアルコンソール」。
で、ここは説明なしです。
自分のアカウントを登録してください。

アカウント登録

アカウント登録

・ このコンパネVNCを操作して自分のアカウントを登録します。
・ ライセンスに同意する
・ 強力なパスワードを入れる(簡単なパスワードは自殺行為ですよ)
・ ネットワークログインなし
・ 高度な設定しない
・ [v] ネットワーク上で日付と時刻を同期します。チェックしてください。サーバーはそのままか、日本が良ければ参考を入れる。
・ [終了]させます。
・ ダイアログ画面が出たら、終わり。

参考:

ntp1.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.27)
ntp2.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.57)
ntp3.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.87)

ログインダイアログ・・・ ここまでOK

ログインダイアログ・・・ ここまでOK

では、シリアルコンソールに戻って、


/etc/init.d/xrdp start

・ はい。ここからはWindowsリモートデスクトップ・クライアントで操作します。
・ コンパネはさようなら。
・ Windows のリモートデスクトップ・クライアントを起動します。
・ IP アドレスを入力して接続します。IPはコンパネに表示されています。

リモートデスクトップ接続

リモートデスクトップ接続

・ 登録したアカウントid でログインして下さい。

kvm7

・ システム-設定-スクリーンセーバー

一度、ロック画面になるとコピペが出来なくなる可能性があるので、無効にします。
- スクリーンセーバー
- 画面をロック
のチェックを外します。

・ システム-設定-キーボード
- 追加
- 日本、日本語に設定

・ アプリケーション-システムツール-端末

端末を開いて、以下のコマンドを実行。コピペでイケるはず・・・

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

端末

端末

・ firefox のインストール
==システム-管理-ソフトウエアの追加

検索バーに「firefox」を入れる
firefox のインストール
firefox Mozilla Firefox Web browser

チェック-[適用]-[インストール]-[実行]
インストールしたら起動します。サーバーが見つかりません。エラーは無視。
www.google.com が表示できればOK
・ Dropbox のインストール(アカウントはありますよね・・・持っていなければ別途、取得してください)
firefox ブラウザーで

https://www.dropbox.com/install?os=lnx

Fedora (.rpm) 64-bit を選択インストール

プログラムで開く[パッケージインストーラー]
root パスを入れる
OK で完了する
一回、ロック画面とかになっていると、windowsからのコピペが出来ないので、その場合はアキラメて手打ちしてください。

端末にて、以下のコマンドを実行。root のパスワードを聞かれたら入れて下さい。


cd /etc/yum.repos.d/
sudo mv dropbox.repo dropbox.repo.STOP

cd
dropbox start -i

・ dropbox のアカウントなど設定をしてください。
・ OK,既にアカウントを持ってます・・・

だんだん疲れてきた・・・これより先、手抜きになる可能性大・・・・

== winetricks インストール


cd
mkdir app
cd app
svn checkout http://winetricks.googlecode.com/svn/trunk/
cd trunk/src
sudo sh install-gecko.sh
sudo install -c winetricks /usr/bin

== wine 個人設定


cd
cd .wine
wget http://kyojee.dispatch-site.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/07/ProgramFiles.reg
wine regedit ProgramFiles.reg
winetricks wenquanyi
winetricks fontsmooth-rgb

=== MT4 インストール

・ MT4のインストーラを Dropbox において、そのままダブルクリック
・ まぁ通常と同じ要領ですね。

MT4 インストール

MT4 インストール

=== 完成

完成

完成

i18n(596)
iptables(547)
ProgramFiles.reg(549)

Posted in 未分類 • Tags: Top Of Page

11 comments on “お名前 VPS-KVM でMT4を動かしてリモートデスクトップにする

  1. はじめまして。kyojeeさま。

    こちらのブログを参考にお名前.com KVMにwineをインストールしてMT4を稼動させました。ありがとうございます。

    MT4のターミナルタブの取引、口座履歴など文字化けですが何とか動くようになりました。

    しかし、自宅PCよりリモート接続(XVNC)してMT4を稼動させた状態にしてリモート接続を切断。後に仕事場のPCより同じようにリモート接続すると稼動中のMT4が確認できませんし、再度MT4を稼動させても画面に現れません。仕事場のPCよりは同じユーザでLoginは出来てもまったく画面が別物です。
    たぶん基本的なことが分かっていないのと思われます。

    なにぶんCentOS(Linux)は不慣れな為、分からないことだらけです。よろしくお願いします。

  2. kyojee on said:

    ども、コメントに気付きませんでした。
    亀レスで、すみません。
    もう既に解決なさったでしょうかね?
    きっと、別のvncセッションが起動してしまっているのですね。

  3. はじめまして、kyoujee様。

    こちらのサイトを参考に同様のプロセスにて設定をしております。つきましては、ご対応の要望をさせて頂きたく宜しくお願いします。

    1.実行するコマンド:の
    http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-7.noarch.rpm
    が無く、現在は6-8となっております。
    2.実行するコマンド:の
    ・wget http://kyojee.dispatch-site.com/mtsdownload/vncconfig
    ・wget http://kyojee.dispatch-site.com/mtsdownload/iptables
    ・wget http://kyojee.dispatch-site.com/mtsdownload/i18n
    がERROR404: Not Found.となってしまい実行できません。

    対応方法をご教授頂けると幸いです。宜しくお願いいたします。

  4. kyojee on said:

    そうですね。6.8 になっています。
    内容、ちょっと更新しました。
    よろしく御願いします。

  5. 早速の対応有難うございます m(_ _)m

    度々のご教授になり申し訳ないのですが、、、

    1.実行するコマンド:の
     wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
    のリンク対象が無いようです。

     http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
    こちらで在るかと思います。

    2.修正後の手順でクリーンインストールすると、CentOS起動画面の日本語表示が文字化けしております。
    対応手順をご教授頂けると幸いです。

    度々で心苦しいのですが宜しくお願いいたします。

  6. kyojee on said:

    うーん・・・
    1. こちらでは問題なく取れますね
    2. 調べてみます。

  7. 度々すみません m(_ _)m

    1.に関してはTera Termを使用していた事により、階層が深い為に発生した不具合と判明しました。
    2.に関しては現在も調査中です。

    本日はご迷惑をお掛けしまして、申し訳ありませんでした。色々ご教授頂き有難う御座いました。

    今後もサイトに寄らせて頂きます。

  8. Kyoujee様

    度々ですみませんが原因が判明しましたのでご報告まで

    えーと、
    実行するコマンド:yum -y groupinstall “Japanese Support” “X Window System” Desktop

    にてコピペすると

    yum -y groupinstall Japanese Support X Window System Desktop

    となってしまいコマンドが正常に機能しない為でした。

    yum -y groupinstall “Japanese Support” “X Window System” Desktop

    として頂けると正常に進むかと思います。
    度々で申し訳ありませんが、修正して頂けると以後の方が助かるかと思いますm(_ _)m

    ついでと言っては何ですが、、、(^_^;)

    rpm -import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY* を
    rpm –import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY* として頂けると幸いです。

    宜しくお願い致します。

  9. 文字が化けちゃいますね。


    Japanese Support


    X Window System

    rpm -import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY*

    rpm – - import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY*

  10. 文字化け起こしますね、、、

    ” Japanese Support ”
    ” X Window System ”

    rpm -import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY*
    rpm – -import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY*

    こんな感じでイメージできますか?

  11. どうも、ご報告ありがとうございます。
    えーとですね、このサイトはwpを使っているのですが、最近のバージョンで
    で囲んでも特定の文字が &#??? に変換されてしまうようですね。
    htmlソースを見ていただけるとわかると思うのですが・・・
    web上では、magic様のコメントを見ていただいてもご指摘の文字列は同じに見えると思います。
    回避方法があるとは思うのですが、勉強しておきます。

kyojee にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

HTMLタグは使用できません。

  プロフィール  PR:無料HP  合宿免許 口コミ  アニメーション 専門学校  スタッドレスタイヤ 激安  スタッドレスタイヤ 格安  タイヤ 低価格  ボカロ 専門学校  17インチアルミホイール  二種免許 取得  モルダバイト  物流コンサルティング  音楽 専門学校 福岡  バイクウェア 買取 高松市  名簿販売