必需品


2010・2・27新作:バックテスト時のスプレッドを任意の値に変更する方法 (著作者:fai さん)

バックテスト時のスプレッドを自在に変更する。(再考…

↑使い方の説明もこちらにあります。
アプリケーションのダウンロードURIは、 
 

http://ux.getuploader.com/fai_fx/download/96/SpreadChanger1m.zip

 
です。(ただいま無料サービス中)
 
素晴らしいツールです。faiさんに感謝です。
 
私のところだと、proxy にチェックしてログインしないようにするというのが、何故かうまく行きません。
・・・ので、パスワードを消す方式でやっています。
 
 
EAのバックテスト結果グラフを良くみかけますが、スプレッドの値が示されていないと鵜呑みには出来ないですよね。
mismatched charts errorsが0以外のものは論外ですし(笑) とくにスキャル系はバックテストした時のスプレッド値を記載するようにしましょう!

 

以下は、obsolete
=======================================================================

  1. SpreadGenerator_v1.1.mq4 を\experts\scripts にインストールします。
  2. MT4を起動します。
  3. バックテストしたい通貨ペアのチャートにSpreadGeneratorをドロップします。
  4. パラメータの入力画面で、spread に適当な値を入力してOKします。
    ゼロでもマイナスの値でも構いません。
  5. experts\files フォルダに symbols.sel が出来上がります。
  6. 通常のスプレッドでバックテストが出来ることを確認します。
    指定スプレッドでのバックテストは、オフラインで行うので、
    事前にヒストリカルデータのダウンロードが必要です。
  7. ツールのオプションのサーバータブで、パスワード欄を空欄にします。
    次回MT4起動時に自動ログインしないようにするためです。
  8. MT4 を終了します。
  9. experts\files\symbols.sel を history\サーバ名\symbols.sel にコピー、上書きします。
    symbols.selは、ログイン時に最新の情報に更新されるので、
    うっかりログインしてしまった場合は、再度上書きコピーが必要です。
  10. MT4 を起動します。ログインダイアログが出たら、キャンセルします。
  11. テスター画面の通貨のプロパティ を開いて、任意スプレッドに変更されていることを確認します。
  12. バックテストを行います。

ツールの置き場はこちら

  プロフィール  PR:無料HP  ドライビング・スクールかいなん  情報処理 専門学校  IID  中古ホイール 愛知  タイヤ MPV 新品  ハーレー  コスモ  横手自動車学校  タイガーアイ  三重 合宿免許  通信 大学  タイヤ 持ち込み 住之江  マンションリノベーション