自前 Firefox Syncサーバーの構築

By kyojee - Last updated: 日曜日, 8月 25, 2013
自前の Firefox Sync サーバーを構築してみました。
BUGも取れていて、簡単にセットアップ出来ましたので紹介します。(ちょっと前までは、すんなり動かなかった)


目的:

ポイント:

サーバーの構築

    ConoHa VPS 2Gプランでインストールしてみる。 お名前VPSよりは、ずっと使いやすくなっています。 コンパネにroot でログイン後、Clipboard に以下のコマンドを適当にコピペして実行して行きます。

# yum update
# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.4 (Final)
# python --version Python 2.6.6

sync server install

sync server install

# yum install -y mercurial.x86_64 openssl-devel.x86_64
# yum install -y mod_wsgi.x86_64 python-devel.x86_64 python-virtualenv.noarch
# cd /usr/share
# hg clone https://hg.mozilla.org/services/server-full ./ff-sync
# cd ./ff-sync
# make build
The current channel is dev.
Building the app Checking the environ [ok]
Updating the repo [ok]
Building Services dependencies
Getting server-core [ok]
Getting server-reg [ok]
Getting server-storage [ok]
[ok]
Building External dependencies [ok]
Now building the app itself [ok]
[done]

# make test
Ran 228 tests in 46.129s
OK (SKIP=25)

    apache の設定。vi を開いて、これもClipBoard経由でコピペしてしまします。

# cd /etc/httpd/conf.d
# vi ff-sync.conf
# cat ff-sync.conf

    以下をClipBoardへコピペ、その後 vi へ挿入、保存。
#
#  Firefox sync server
#
WSGISocketPrefix /var/run/wsgi

<Directory /usr/share/ff-sync/>
  Order deny,allow
  Allow from all
</Directory>

<VirtualHost *:80>
  ServerName localhost
  DocumentRoot /usr/share/ff-sync/
  WSGIProcessGroup sync
  WSGIDaemonProcess sync user=apache group=apache processes=2 threads=25
  WSGIPassAuthorization On
  WSGIScriptAlias /ff-sync /usr/share/ff-sync/sync.wsgi
  CustomLog /var/log/httpd/sync-access.log combined
  ErrorLog  /var/log/httpd/sync-error.log
</VirtualHost>
apache wsgi config

apache wsgi config

    development.ini の修正。vi のカーソル位置へClipBoard経由でコピペしていけるので慣れると非常に便利ですね。

# cd /usr/share/ff-sync
# mkdir ./db
# chown -R apache.apache ./db
# vi development.ini

:
[handler_syncserver_errors]

class = handlers.RotatingFileHandler
args = (‘/var/tmp/ff-sync-error.log‘,)
level = ERROR
formatter = generic
:

    sync.conf の修正 

# cd ./etc
# vi sync.conf
# cat sync.conf

    以下の太文字の部分だけ修正すれば良いでしょう。fallback_node はコメントを外して自分のサイトのアドレスを記載します。

[global]
clean_shutdown = false

[captcha]
use = true
public_key = 6Le8OLwSAAAAAK-wkjNPBtHD4Iv50moNFANIalJL
private_key = 6Le8OLwSAAAAAEKoqfc-DmoF4HNswD7RNdGwxRij
use_ssl = false

[storage]
backend = syncstorage.storage.sql.SQLStorage
sqluri = sqlite:////usr/share/ff-sync/db/sync.db
standard_collections = false
use_quota = true
quota_size = 51200
pool_size = 100
pool_recycle = 3600
reset_on_return = true
display_config = true
create_tables = true

[auth]
backend = services.user.sql.SQLUser
sqluri = sqlite:////usr/share/ff-sync/db/sync.db
pool_size = 100
pool_recycle = 3600
create_tables = true
# Uncomment the next line to disable creation of new user accounts.
#allow_new_users = false

[nodes]
# You must set this to your client-visible server URL.
fallback_node = http://yourhost.dommain/ff-sync

[smtp]
host = localhost
port = 25
sender = weave@mozilla.com

[cef]
use = true
file = syslog
vendor = mozilla
version = 0
device_version = 1.3
product = weave

[reset_codes]
backend = services.resetcodes.rc_sql.ResetCodeSQL
sqluri = sqlite:////usr/share/ff-sync/db/sync.db
create_tables = True

    iptables 80番開け

# vi /etc/sysconfig/iptables
 
"-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT"

↑この行の下へ、以下の行を追加します。

"-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT"
 
# /etc/init.d/iptables restart

    apache の再起動

# cd /usr/share/
# touch /var/tmp/ff-sync-error.log
# chown apache.apache /var/tmp/ff-sync-error.log
# /etc/init.d/httpd restart

初期 Firefox (master) ユーザー登録 

初期ユーザー登録

初期ユーザー登録

setup completed

setup completed

オプション->Sync->アカウントを管理->リカバリキー

Sync key

Sync key

Sync Key は Evernote にメモっておきましょう!

iPad Foxbrowser (Client)の登録 

  1.  Foxbrower を起動して I Have A Sync Account へ進む
  2. Foxbrower start

    Foxbrower start

  3. Passcode を無視して I am not near my Computer へ進む
  4. goto sync server setting

    goto sync server setting

  5. それぞれ「初期 Firefox (master) ユーザー登録」したものを入力、Sync Key は上で得たリカバリキーをEvernoteからコピペして入力
  6. sync server setting

    sync server setting


以上。

簡単だけど、pageにまとめるのは大変だったw。

Filed in 未分類

TusarFX

By kyojee - Last updated: 月曜日, 4月 29, 2013

Fxclearing って買収されてたのね・・・

知らなかった、知らないところからメールが来てて無視してたのは

口座は移行していたのでした。

TusarFX だそうです。

spreadが大きくなったのか・・・

 

Filed in 未分類

omegachart へ指数データを入れてみた

By kyojee - Last updated: 月曜日, 2月 11, 2013

omegachart をいじっています・・・

株価のチャートなんですが、SDLplusでダウンロードしても、既に指数データが更新されないので。

k-db.com からcsv を取ってくるスクリプトを書いてみた。

目的は達成したが、bamcompile がうまく行かないので実行ファイルをアップできないw

Filed in 未分類

fxdd get 更新

By kyojee - Last updated: 日曜日, 1月 27, 2013

fxdd get 更新

fxdd の1分足データを取得します。

 
 
ダウンロード fxdd_get.zip(104)

Filed in 未分類

2013 新年明けましておめでとうございます。

By kyojee - Last updated: 日曜日, 1月 6, 2013

とりあえず、引越ししてみました。

http://kyojee.dispatch-site.com/

 

Filed in 未分類

SSD を買ったものの・・・

By kyojee - Last updated: 日曜日, 12月 23, 2012

SSD にwindows 7 を入れて、XP とデュアルブートにしようと・・・
思ったものの、これがどうしてどうして大変。
windows xp にahci ドライバーを入れようと試みるも・・・2日格闘するが断念。
で、windows 7 インストーラが xp を認識しない・・・
もう、うんざり状態。
windows xp は2012年でお役御免。

皆様、今年はいかがでしたか?
来年は、どっか借りて land.to から脱出しよう・・・

Filed in 未分類

お名前 VPS-KVM でMT4を動かしてリモートデスクトップにする

By kyojee - Last updated: 水曜日, 7月 25, 2012

お名前 VPS-KVM でMT4を動かしてリモートデスクトップにしてみる。

ポリシー:

では、早速行きましょう。(お名前VPS-KVM のいずれかのプランを申し込みを完了してください。)

・初回は申し込み後、標準OSでセットアップして見ましょう。出来たらそれで終わり。

・本番、行きます。OS再インストール。

OS再インストール

OS再インストール

・ブラウザfirefoxの設定 (firefox使いなら。IEなら必要ないかも)

・お名前コントロールパネルのシリアルコンソールを起動

シリアルコンソール

シリアルコンソール

- まずは、リターンしてroot ログインします。
- ここからはOS再インストールした時のパスワードで、root ユーザーで作業します。
- root でログインします。
- 以下のコマンドを順番にコピペして実行します。
- コピペの実行は、以下のコマンドをコピーした後、シリアルコンソールの上部バーの左から2つ目のアイコンをクリックします。
- せっかちな人は複数のコマンドをコピー、実行してもイケるかもです。まぁ一区切りごとくらいに実行してみましょ。
- 例(下の画像): 最初の2コマンドをコピペ、実行
- 注:firefox version 15以降では、複数行のコピペが使えなくなりました。(なんてこった・・・)

シリアルコンソールに、コピペしてコマンドを実行

シリアルコンソールに、コピペしてコマンドを実行

実行するコマンド:


export TERM=vt100
stty rows 25 columns 160

rpm –import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY*
yum -y update
yum -y install wget
yum -y install sudo

cd /tmp
wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

wget http://kyojee.dispatch-site.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/07/vncconfig
install -c vncconfig /usr/bin

yum -y groupinstall “Japanese Support” “X Window System” Desktop

yum -y install tigervnc-server
yum -y install xrdp.x86_64
yum -y install unzip.x86_64
yum -y install wine.x86_64
yum -y install subversion.x86_64
yum -y install cabextract

cd /etc/xrdp
wget http://www.mail-archive.com/xrdp-devel@lists.sourceforge.net/msg00263/km-e0010411.ini

cd /etc/sysconfig
mv iptables iptables.org
wget http://kyojee.dispatch-site.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/07/iptables
/etc/init.d/iptables restart
mv i18n i18n.org
wget http://kyojee.dispatch-site.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/07/i18n

ここ(以下2行)は手でタイプして下さい。(半角英数のみ)

cd /etc
echo "kyojee    ALL=(ALL)    ALL" >> sudoers

(↑ もちろん、kyojee のところは次に登録する自分のアカウント名です)

まぁ、ここまで15分

init 5

はい。ここでコントロールパネルの方を見てくださいねー。
グラフィカルな「ようこそ」が表示されていますよね。
ちなみに、この画面は「コンパネVNC」と呼びます。コピペしてコマンドを流した画面は、「シリアルコンソール」。
で、ここは説明なしです。
自分のアカウントを登録してください。

アカウント登録

アカウント登録

・ このコンパネVNCを操作して自分のアカウントを登録します。
・ ライセンスに同意する
・ 強力なパスワードを入れる(簡単なパスワードは自殺行為ですよ)
・ ネットワークログインなし
・ 高度な設定しない
・ [v] ネットワーク上で日付と時刻を同期します。チェックしてください。サーバーはそのままか、日本が良ければ参考を入れる。
・ [終了]させます。
・ ダイアログ画面が出たら、終わり。

参考:

ntp1.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.27)
ntp2.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.57)
ntp3.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.87)

ログインダイアログ・・・ ここまでOK

ログインダイアログ・・・ ここまでOK

では、シリアルコンソールに戻って、


/etc/init.d/xrdp start

・ はい。ここからはWindowsリモートデスクトップ・クライアントで操作します。
・ コンパネはさようなら。
・ Windows のリモートデスクトップ・クライアントを起動します。
・ IP アドレスを入力して接続します。IPはコンパネに表示されています。

リモートデスクトップ接続

リモートデスクトップ接続

・ 登録したアカウントid でログインして下さい。

kvm7

・ システム-設定-スクリーンセーバー

一度、ロック画面になるとコピペが出来なくなる可能性があるので、無効にします。
- スクリーンセーバー
- 画面をロック
のチェックを外します。

・ システム-設定-キーボード
- 追加
- 日本、日本語に設定

・ アプリケーション-システムツール-端末

端末を開いて、以下のコマンドを実行。コピペでイケるはず・・・

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

端末

端末

・ firefox のインストール
==システム-管理-ソフトウエアの追加

検索バーに「firefox」を入れる
firefox のインストール
firefox Mozilla Firefox Web browser

チェック-[適用]-[インストール]-[実行]
インストールしたら起動します。サーバーが見つかりません。エラーは無視。
www.google.com が表示できればOK
・ Dropbox のインストール(アカウントはありますよね・・・持っていなければ別途、取得してください)
firefox ブラウザーで

https://www.dropbox.com/install?os=lnx

Fedora (.rpm) 64-bit を選択インストール

プログラムで開く[パッケージインストーラー]
root パスを入れる
OK で完了する
一回、ロック画面とかになっていると、windowsからのコピペが出来ないので、その場合はアキラメて手打ちしてください。

端末にて、以下のコマンドを実行。root のパスワードを聞かれたら入れて下さい。


cd /etc/yum.repos.d/
sudo mv dropbox.repo dropbox.repo.STOP

cd
dropbox start -i

・ dropbox のアカウントなど設定をしてください。
・ OK,既にアカウントを持ってます・・・

だんだん疲れてきた・・・これより先、手抜きになる可能性大・・・・

== winetricks インストール


cd
mkdir app
cd app
svn checkout http://winetricks.googlecode.com/svn/trunk/
cd trunk/src
sudo sh install-gecko.sh
sudo install -c winetricks /usr/bin

== wine 個人設定


cd
cd .wine
wget http://kyojee.dispatch-site.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/07/ProgramFiles.reg
wine regedit ProgramFiles.reg
winetricks wenquanyi
winetricks fontsmooth-rgb

=== MT4 インストール

・ MT4のインストーラを Dropbox において、そのままダブルクリック
・ まぁ通常と同じ要領ですね。

MT4 インストール

MT4 インストール

=== 完成

完成

完成

i18n(499)
iptables(484)
ProgramFiles.reg(487)

Filed in 未分類 • Tags:

zup

By kyojee - Last updated: 日曜日, 4月 8, 2012

tsd のphp-bb 新しくなってたのね・・・ 違うサイトかと思った。
harmonic trade 系

zup110

Filed in 未分類

ロシア語のMQLファイルを翻訳する

By kyojee - Last updated: 日曜日, 2月 12, 2012

ロシア語のMQLファイルを翻訳すると言えば、 mqx_ru2en だったのですが、最近これが動かないことに気付きました。
なんと、Google api が有料になって使用不能になっていたのでした。
 

で、Microsoft translate にしたら、動くかなと・・・やってみたところ、あっさり動いてしまいました。
ので、嬉しくてアップしてしまします。 perl 版ですので perl 環境が使える方に限られます。
そのうち、fai 師匠がちゃんと直してくれると思います。
 

ダウンロードはこちら(727)
 
 

Filed in 未分類

$1000 始まりで、あっという間にLots 50になってしまう

By kyojee - Last updated: 日曜日, 1月 22, 2012

$1000 始まりで、あっという間にLots 50になってしまうEA

StrategyTester

StrategyTester

Filed in 未分類
  プロフィール  PR:無料HP  ふくやま自動車学校  アニメクリエイター 専門学校  エスペリア  中古ホイール 純正  タイヤ ノア 格安  バイオ技術者認定資格  elf  牽引免許 合宿  水晶アクセの専門ショップ  福井 合宿免許  アルフォード 中古  名簿屋